© GoDapps     Powered by Unigent

Potential of Decentralized Applications

Dapps( Decentralized Applications )といえば、ERC20やERC223などのように通貨の役目としたトークンが、Ethereumをベースとして多くのICOプロジェクトで発行されてきました。

 

そして、ERC721(Non-Fungible Token)のように、通貨ではなく所有権の移転などに使えるトークン活用も登場しており、さらにERC1155など複数アイテムの一括交換を可能にする規格も出てくるなど、ゲームでの活用も広がりつつあります。

他にも数多くのERCがあり、例えば、STOに関するものではERC1404のようなSecurity Tokenに関する提案など、実に数多くのERCが議論されています。

 

このようにDappsの活用事例は今後も日々発展していくと思われます。Godapps Labでは、Dappsの研究をしながら、役立つ規格やサービス開発などの活動をしていきます。

 

Live Demo Page